シンプルなお葬式、1日葬とは

これまで、お葬式は通夜、葬儀・告別式、火葬の順に2日間で行われるのが一般的でした。ところが最近は慣例にとらわれない1日で行うシンプルなお葬式のスタイルが登場しています。通夜を省略して火葬の前に告別式を行う1日葬という形式です。
1日だけといっても準備を含めれば2日間必要ですから、お通夜での飲食代などのおもてなし費用が必要なくなるだけで大きく費用が変わるわけではありません。しかし、大掛かりな準備が必要ない分、遺族の方にとっては精神的、肉体的な負担が少なくてすみます。火葬だけする直葬と違い、故人とお別れする時間が十分取れるために利用する人も増えています。
ただし、菩提寺がある場合は注意が必要です。菩提寺に1日葬の理解が得られないと良好な関係を保てなくなることもあります。また、1日葬は最近登場した新しいスタイルのお葬式なので、全ての葬儀社が対応しているわけではありません。特に決まりもなく1日葬のプランがある葬儀社でも費用や内容は様々です。複数の葬儀社のプランを比較してどの葬儀社にお願いするか検討することが大切です。