三鷹市の家族葬について

現代においても、葬儀は特別な意味を持っています。故人を悼み、送り出すという役割を果たし、遺族にとっては一つに大きな区切りとなる重要な式です。葬儀はここ最近、急激に様変わりしていっています。より現代的に、故人をその人らしく送り出そうという考えが広まり、よりプライベート性を重視した葬儀が増えています。そんな背景から、主に都市部で家族葬が人気を集めているのです。家族葬とは、以前密葬と呼ばれていた葬儀のスタイルで、親しい間柄や近しい親族のみでとりおこなう葬儀です。葬儀自体の流れは大掛かりなものと基本的に同じであり、規模の差による供養の差などはありません。ただ、規模が小さいため費用も抑えることができるため、故人が生前から家族に負担をかけたくないという気持ちから希望する場合もあるようです。このような背景から三鷹市のような都市部において、葬儀をとりおこなう場合は家族葬を第一選択肢にする人も多くなる傾向があります。