家族葬と密葬の違い

密葬とは家族、親族が集まり執り行う葬儀のことを言います。しかし、最近では家族葬という新しい形の葬儀が増えています。故人が高齢であったり、近所との付き合いが少なくなったこと、宗教にこだわらなくなったことなどが要因として考えられます。家族葬も密葬も小規模で行う葬儀という点では同じですが、意味合いは少し異なります。密葬にする場合は、後ほど本葬や社葬が行われる場合や、年末年始など葬儀を行うことができない期間に亡くなった場合、亡くなった理由を公にしたくない場合などになります。家族葬は家族、親族のほかにも生前親しくしていた人なども参列し、基本的には本葬やお別れ会などを行うことはありません。故人への思いが強く反映することが多く、故人が好きだった音楽を流したりなどマナーやしきたりなどにとらわれないお葬式になることもあります。生前故人と親交があった人やお世話になった人への訃報では家族葬で済ませたということを必ず伝えたほうが良いでしょう。