葬儀のマナー、訃報を聞いた時

親しい人、かかわりのあった人の訃報を聞いた時、短時間で準備を済ませ、行動しなくてはならない事態になります。そんなときでも落ち着いてスムーズに行動できるよう、十分な準備を行っておくと安心です。そこでここでは、葬儀のマナーとして、訃報を聞いた時の行動について紹介します。まずは弔問に伺うこととなりますが、親族や親しい人の場合、手伝いを申し出るような気持ちで駆けつけます。遠方の場合は電話などで連絡し、伺う時期について相談するのが望ましいです。また、急ぎ駆けつける際の服装ですが、平服でも問題ありません。ただし、華やかなデザインのものは避け、自然な化粧でアクセサリー類も外すようにしましょう。どうしてもすぐに弔問に伺えない場合には、代理人を立てることも可能です。その場合は、後日改めて本人が伺うようにしましょう。また、お悔やみの言葉にも使用してはいけない言葉があり、注意が必要です。「重ねがさね」や「益々」などの繰り返す言葉は使用しないようにしましょう。