一般的な仏式のお葬式の流れ

日本で一番多いお葬式が仏式です。このお葬式の流れはまずお通夜(現在は夜6時、7時くらいから行われる半通夜が多い)が行われます。内容は僧侶の読経、焼香などでお通夜の後は通夜ぶるまいという食事会を行います。そして次の日は葬儀・告別式・出棺が行われ、お通夜同様に僧侶の読経から始まり、弔辞弔電の披露、近親者の焼香と続き、告別式では読経と一般の参列者の焼香、告別式の後は喪主の挨拶などがあり出棺となります。以上が一般参列者のお葬式での流れとなりますが、もしもやむをえずお通夜や葬儀に参列できない場合は代理人を立てるか、弔電を打ち後日弔問するようにしましょう。また最近増えている家族葬の場合は遺族や近親者のみで執り行いますので遺族側に参列してほしいと言われた場合や遺族側から訃報の知らせがあった場合のみ参列し、それ以外の場合は後日弔問に伺うか弔電のみを贈ると良いでしょう。なお密葬に関しては後ほど改めて葬儀やお別れ会を行う場合がありますので、訃報の連絡が無い場合はそちらに参列すると良いです。