一般的な葬式の流れとは?

一般的な葬式とは葬儀式と告別式を指し、その流れは、前日の通夜が自宅で行われた場合は斎場などに祭壇や受付の設営をして会葬者の受付を、通夜が斎場で行われた場合は設営は前日の通夜のものを使用しますので、そのまま会葬者の受付をする事から始めます。

受付では会葬者から香典を頂戴しますので、会葬の礼状や返礼品を渡しますが、式の邪魔にならないように引換券を渡し、式後に渡す形が一般的です。また、式が始まるまでに弔電を確認し、進行する担当者に渡す事も忘れないようにします。

そして席の案内を行います。祭壇に向かって右側に喪主や故人の家族など血縁関係が濃い順に着席し、反対側には世話役や知人、職場関係者などが着席します。その後、葬儀式が開始され僧侶の読経が行われ、告別式へと移行します。

告別式では、故人との最後のお別れとして棺に供花を入れる別れ花を行うのが一般的で、喪主から血縁関係の濃い順に他の会葬者まで行います。そして棺に石で釘を打ち、出棺して火葬場まで搬送します。ここまでが一般的な葬式の流れです。

他人から見た葬儀の手順は、葬式の手順だと思いますが、遺族の側からは決してそれだけではありません。
日本人は自分の思いとは違いほとんどの人が病院のベッドで最後を迎えます。なるべく早くご遺体を自宅等に搬送する必要があります。これは葬儀社に連絡して遺体搬送社を手配します。
決まった場所についたら、枕飾りの祭壇や葬儀の打ち合わせ納棺をしなければなりません。そして通夜になり、1時間から2時間くらい法要を行い、会葬者に通夜振る舞いといわれる飲食接待をします。
いよいよ葬儀、告別式から出棺という手順になりますが、日本人は約9割が仏式で葬儀を行いますが、宗派によって違いがありますので自分の家の宗派を良く調べておきましょう。
火葬するときは区市町村から発行された『埋葬許可証」を火葬場に提出しなければなりません。火葬には1から2時間かかりますの控え室で飲食等をして待ちます。そして骨上げになります。骨になったご遺体をみんなで囲み箸で骨を骨壷に入れていきます。このとき喪主は骨壷を持ち、ご遺体の頭部に立ちます。
その後会場に戻り
精進落しが行われるというのが一般的な手順になります。

<PR>マッサージのリアル口コミ.com / 女性向けエステ.com / 生命保険の口コミ.COM / 超SEO対策 / アフィリエイト相互リンク / SEOアクセスアップ相互リンク集 / JALカード / お家の見直ししま専科 / 健康マニアによる無病ライフ / 心の童話 / オーディオ / 貯蓄 / 工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 / 女性の人生